【相談】深呼吸は自律神経失調症の改善に有効ですか?

ヨガ教室
Q はじめまして。ホームページを拝見しました。


自律神経失調症の改善に深呼吸がよいと知り、深呼吸をしてみるのですが、息を長く吐く時にしんどくなります。


うまく吐けないと言いますか、何度も続けることができません。


なぜ深呼吸が自律神経失調症の改善に有効なのか?

また深呼吸のコツを聞かせてください。


よろしくお願い致します。

ご返信

こんにちは。

さかい快福整体堂の市川です。


ご質問にお答えします。


A 自律神経失調症の改善に深呼吸がよい理由は、自律神経を自分の意思でコントロールできる唯一の方法が『呼吸』だからです。


私たちが行っている呼吸の回数は、1日で約2万回。


1回の呼吸は、たった数秒で終わってしまう動作ですが、呼吸によって体に必要な酸素を取り入れて、活動するためのエネルギーを生み出しています。


呼吸には、2種類ございます。

・胸式呼吸・・・交感神経支配
・腹式呼吸・・・副交感神経支配

※自律神経は、交感神経と副交感神経で構成されています


よく、ヨガや太極拳などで腹式呼吸を教えられるのは、自律神経を副交感神経優位にして深いリラックスに入るためです。

 

質問者さんが、おっしゃるように「息を長く吐く時にしんどくなる」場合は、もしかすると肋骨・肩甲骨・横隔膜など、構造上の問題があるかも知れません。


今現在、質問者さんにとってしんどいと思われるのなら、しんどくならない程度で深呼吸をおこなってみてください。


そして、

「気持ちいいなぁ」

「自律神経が整う」

「眠たくなってきたかも」


など、イメージすることができればベストです。


目安時間は、3分から5分。


日々体調の変化を観察してください。



もし、3週間経過をしても体調に変化がないようであれば、再度ご質問をしていただくか、お近くの専門家を訪ねてみることをご検討ください。


少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました