ガソリンスタンドと当店の関係性とは?

私は、元自動車整備士です。

一般的な整備、車検を通す業務に従事した後、整体師に転職をしました。

今日のブログは、ガソリンスタンドと当店の関係性というテーマで書いてみようと思います。

よろしくお願いいたします。

自動車(エンジン)には、ガソリンや軽油などの燃料(石油)が必要です。

ガソリンスタンドで燃料を給油することで、自動車は走行できるのです。

もし、ガス欠を起こすと自動車は走行することができません。

ちなみに私は2回ガス欠を起こし、大変な目にあいました(苦笑)

ガソリンスタンドの役割は、燃料(ガソリン・軽油)を供給する。

オイル交換や、タイヤ交換、バッテリーの交換、ワイパーゴムの交換などの整備。

洗車などがございます。

ある日、私はこんなことを思ったのです。

整体院の役割とは、元気(エネルギー)を供給する。

自動車のように何かの部品を交換するみたいなことはできませんが、筋肉の調整、関節の矯正、体液循環の促進。

当院でしたら、悩みをお聞きする(気持ちがスッキリ)。

そのように、ガソリンスタンドと似たような仕事内容だと。

数人のお客さまに、この例え話しをすると、

「なるほど、確かに元気をいただいています。」

「ここに来ると、ホッとします。」

「体も気持ちもスッキリします」

「さすが、元整備士(笑)」

などのお声をいただきました^^

ところで、自動車には車検が義務づけられていますよね?

継続検査を受けるにあたり、自賠責保険(強制賠償)の加入・重量税の納付・自動車税の納付。

など、法の定めがあります。

一方、人間には定期健診があるものの強制ではありません。

法の抑止力という意味では、自動車より甘いです。

検診を受けなければ、道を歩けません!仕事をさせません!とはならないですよね。

今日のブログの最後は、メンテナンスという意味で、自動車と人間を比べてみましょう。

自動車の場合、定期点検(1年に1回)・何か気になるとディーラーやカーショップ・ガソリンスタンドなどでみてもらう。

難しい故障の場合、ディーラーなどに持ち込む。

一方、人間の場合、何か体の不調が気になると、整体・マッサージ・整骨院・リラクゼーションサロンなどでみてもらう。

ひどい不調の場合は、病院を受診する。

このように考えると、メンテナンスに対する意識も自動車と人間は似ていると思います。

ガソリンの量が限りなく少ない時に、ガソリンスタンドを見つけると安心するように、お体と気持ちが楽になれるようサポートさせていただきます。

さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。

さかい快福整体堂
市川 猛

タイトルとURLをコピーしました