冬の低気圧と頭痛の関係と改善ポイントを分かりやすくご説明致します。

青空

先週土曜日は広島にて研修会に行って参りました。
皆様方には大変ご迷惑をおかけしましたが日曜日に振り替えてくださったり
来週に変更して頂く等、ご配慮して頂きありがたく思います。

広島での記事は後日ご紹介させて頂きますね。

ーーー
ちょうど広島に行く日は全国各地で大雪が降りました。

今回のテーマは低気圧と頭痛の関係です。

冬は冷え性の方にとっては一番つらい季節ですし気圧時の頭痛も考えると
なにがしら対処方法を考えないといけません。

勿論自然がなす気圧ですので、どこまで効果や安心材料になるのかは
一概に言えませんが、私が考える気圧と頭痛の改善ポイントを解説させて頂くと

==========
頭蓋骨内の内圧の変化
===============

が重要な事であると考えております。

諸説、自律神経や基礎体温などもございますがここでは内圧について書かせて頂きます。

ーー

さて、頭蓋骨の内圧についてですが頭蓋骨は「縫合」と言って8枚の骨を縫った状態で「脳」を保護しております。

脳内圧の変化により血管が収縮や拡張をするのでズキンズキンと頭痛が起こる仕組みでございます。

また脳内には「脳脊髄液」と言って、脳~背骨~骨盤(仙骨2番まで)をゆっくり1日に1回から3回循環や生産をしている体液がございます。

脳内に脳脊髄液が溜まる「水頭症」ということばをお聞きになられた方もおられるかと思いますが「血液」「リンパ」より重要な体液であります。

そこで私は色々考えて辿りついた答えが「脳脊髄液」と「縫合」の関連性を緩和する事が同時にする事で頭痛が改善される事であると考え今まで取り組んでおります。

実際に当院でも頭痛の方が早く良くなって行っておりますので確かな自信は持っております。

勿論、これだけが原因ではなく

自律神経の乱れ(交換神経・副交感神経)
基礎体温が低い(35度台)
生活習慣の乱れ(暴飲暴食・夜更かし等)

等もございますが自律神経や基礎体温も同時にカバー出来ますのでご安心くださいませ。

詳しくはこちらに書かせて頂いております。

=======================
この頭痛は病院?それとも整体院?
ストレス社会で前向きに生きる方法
=======================

一気に冷えてくると同時に年の瀬も近付き「師走」というように慌ただしい日が続きまして、当院のご予約状況も次々に埋まって参りました。

最後の土日はあと1人になります。

年末年始を今迄より快適に過ごし気圧に左右されない健康な身体をに
近づけて行ければ、新春や暖かい春がより楽しくなりますので。

もし頭痛を早期に乗り切りたいと思われたらお早目のご予約が確実です。

元気なあなたの笑顔を全力で応援する
さかい快福整体堂の市川でした☆ミ

タイトルとURLをコピーしました