冬季うつになる原因と対策

冬季うつは、季節性情動障害と呼ばれ、うつ病の一つです。

症状としては、

・ 気分が落ち込む
・ 気力が集中力が落ちる
・ イライラや不安感がひどくなる
・ ささいなことで怒る
・ 趣味を楽しめない
・ 友達と会いたくなくなる
・ 性欲が落ちる
・ 炭水化物や甘いものを欲しがる
・ 睡眠の質が低下している

など、うつ病とほぼ同じです。

このブログでは、冬季うつになる原因と対策を書いてみようと思います。

冬季うつになる原因

冬の季節で連想させるのは、「寒い」ではないでしょうか?

実は、この、寒い・暑い・気圧・湿度などは “環境ストレス” と呼ばれています。

冬は寒く、日が暮れるのも早いため、夏のように活動的になりにくく、それだけで気分が落ち込む方もいらっしゃいます。

この環境ストレスを含めて、私たちが受けるストレスは4つ存在します。

◎ 精神的ストレス
例)不安・悩み・嫉妬・怒り・罪悪感・思うようにいかない

◎ 肉体的ストレス
例)筋肉疲労・体の歪み・睡眠不足

◎ 化学的ストレス
食品添加物・薬・大気汚染

◎ 環境ストレス
寒い・暑い・気圧・湿度など

個人差ございますが、これらの4つのストレスが自身のストレス耐性の限界を超えた時、人は誰でも心身に不調が表れます。

このようなイメージです↓

冬季うつ時のストレス対策

環境ストレス
※このページでは寒いに限定

寒い環境を根本から変えるためには、暖かい地域に引越ししない限り、むずかしい話だと思います。

また、うつ病の場合、太陽の日差しを浴びることが大事と言いましても、冬の場合はなかなかむずかしい地域もあるため、どうしても限界がございます。

そこで、思いつく限りの寒さ対策を書いてみようと思います。

・お腹(腸)をホットパックや湯たんぽ等で温める
・化学繊維を含んだ下着を避ける
・はらまき(お尻までカバーできる物が望ましい)をする
・電気毛布や電気こたつで寝ない(電磁波の影響を避ける)
・足の指に温、冷のシャワーを交互にかける
・体を冷やす食材を避ける(詳しくは、陰陽食材で検索してください)

◎ 精神的ストレス
例)怒り・不安・罪悪感・思うようにいかない

・紙に書き出す
・誰かに相談をする
・自然を感じる場所にいく
・運動をする
・カラオケに行き大声で歌う
・マインドフルネス
・自己肯定感を高める
・カウンセラーなど心の専門家に相談をする

◎ 肉体的ストレス
例)筋肉疲労・身体の歪み・睡眠不足

・ストレッチや体操
・ヨガ ピラティスなど
・トレーニングジム
・リラクゼーションサロン
・整体 鍼灸など
・温泉

◎ 化学的ストレス
例)食品添加物・薬・大気汚染


・排気ガスが多い場所では
マスクをつける
・外食が多ければ自炊を心がける
・味付けを薄くし和食中心の食事をする
・お菓子やジュースなど間食をやめる

全てを詳しく説明するとなると、かなりの文字量になるため割愛しますが、まずはご自身が取組みやすいストレス対策からはじめてください。

もし、生活に支障がおきているようでしたら、専門家への相談をおすすめします。

【関連ページ】

不眠・睡眠障害について
魅力発見コンサルティング

さかい快福整体堂  
市川 猛

LINEからのお問い合わせはこちらから

お電話・メールでのお問い合わせ

ご利用の流れ

タイトルとURLをコピーしました