妻の産後の骨盤矯正

さかい快福整体堂室内

「産後は骨盤矯正が重要だ」


ここ数年で、産後の骨盤矯正への認識が高くなってきました。


当院にも2013年の開院以来、数多くの方が産後の骨盤矯正で来院されています。

開院をしてから5年後に、妻の産後の骨盤矯正について書くとは不思議な感覚です。

妻は産後、膝痛・腰痛・首肩こりでつらそうでした。

自宅でできる整体の範囲は限られるため、産後3ヵ月を機に娘と一緒に院まで来てもらいました。

はじめて私の職場に来た娘は、手足をバタバタと動かしてご機嫌さん^^

あまりにも手を早く動かすので、残像が残る勢いで(笑)

生後3カ月を迎える娘

産後は仙骨をいかに真っすぐ戻すのがポイント

骨盤の歪み イラスト

産後は、仙骨の歪みを整える骨盤矯正が必要です。

なぜなら、仙骨が左に歪んだり右に歪んだままの状態の場合、産後に尿のトラブル(尿漏れや頻尿)・生理痛・腰痛(背骨側の腰ではなく横の腰の痛み)股関節痛・膝痛などの不調で困ることがあるからです。

骨盤をお弁当にたとえるなら、お弁当の箱はしっかり収まっていても、お弁当の内側がしっかりと仕切られていなければ、中身がぐちゃぐちゃになってしまうイメージです。

尿がでないトラブルは仙骨の歪みが原因だった!

話を妊娠初期にさかのぼります。

ある日の深夜に、尿が出ないトラブルがありました。

尿が出そうなのに出ない苦痛や不安は、想像しただけでもつらいです。

焦る妻が私を起こし、どうしようか一緒に考えました。

流石に尿がでないご依頼を受けたことがないため、内心私も焦りました。

病院に連れていくしかないのかな?

いや待てよ…もう一度冷静になって考えました。

そうして出た案が、仙骨の歪みを調べてみようと思ったのです。

実際に妻の仙骨を検査をしたところ、大きく「のの字」に歪んでいました

これは、矯正をしてみる価値があるかも!

仙骨を矯正し、トイレにいってもらうと少し尿が出たようです。

これは、いける!

もう一度仙骨を矯正し、骨盤周辺の筋肉をゆるめました。

そしてトイレにいってもらうと、普段通りにでたようです^^

今回のブログは、妻の産後・妊娠中の話しでしたが、仙骨の重要性を少しでもご理解いただければ嬉しく思います。

さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。

【編集後記】

妻の産後の骨盤矯正を終え、娘をベッドに乗せると、やがてスヤスヤ眠りに落ちました。

生後3カ月を迎える娘

ここ最近の娘は、身長も体重も基準値内に入り成長を感じる反面、今までしていた仕草がなくなり寂しく感じる時があります。

 

「あ~そういえば、最近あの仕草しないよな~」みたいな。

 

4月中にお宮参りとお食い初めの行事を控え、日に日に成長する娘を妻と一緒に支え合っていこうと思っています。

 

 娘が大きくなって今日のブログの内容を知った時のことを思うと、今から楽しみです^^

さかい快福整体堂
市川 猛


【関連ページ】

産後の骨盤矯正

タイトルとURLをコピーしました