withコロナ、アフターコロナで揺れる中での自分のやりたい事・働き方・時間の使い方について。|オンラインサポートのご感想

アフターコロナ

4月12日にオンラインサポートを本格的に告知させていただいてから、ありがたいことに全国の方からご依頼をいただいております。


パニック障害(不安神経症)オンライン認知行動療法で不安を安心へ・恐怖を安全に変えていきませんか?
2020年の1月から現在にいたるまで、ここ最近は新型コロナウイルス( COVID-19 )のニュースでもちきりです。4月7には緊急事態宣言が発令され、国内・海外問わず不安や緊張感が高まっていますよね。今日のブログは当院が力を入れて...


5月中旬にご依頼をいただいた、東京にお住いのイッチーさま(30代 男性 フリーランス)は、新型コロナウィルスの自粛要請で仕事をしたくてもできない状況で、収入面の不安・コロナ時代の働き方でお悩みでした。


オンラインサポートを通じて働き方の方向性が明確になり、この度ご感想をいただきました。


それでは、ご覧くださいませ。

ご依頼のきっかけを教えてください


withコロナ・アフターコロナで揺れる中で、自分のやりたいことと仕事との関わり方、時間の使い方などについて相談しようと思いました。

オンラインサポートを受けたご感想を教えてください


字の如く、寄り添って頂いて話しやすく自然な形で悩みを話せてたなと感じました。


なので、これからの事に関して安心感を得ることが出来ました。


ありがとうございます。

市川の印象を教えてください


めちゃくちゃ絡みやすいといいますか、安心できる兄?みたいな雰囲気でした。


はじめて話したとは思えない雰囲気の中でセッションが進み、あっという間に時間が過ぎてました!


優しい、穏やか、包容力という言葉がしっくりきます。


市川さん、ありがとうございました!

お返事

市川 猛 イラスト

イッチーさまへ


この度は、オンラインサポートのご依頼をいただきまして、ありがとうございます。



大阪と同様に、東京も新型コロナウィルスの影響でたいへんだと思います。



私と同様に、イッチーさまも自分で仕事を増やしていかなくてはいけませんので、業種は違えどwithコロナ・アフターコロナの働き方は心配になりますよね。



生き残るためにいわば背水の陣の状況で、イッチーさんのお話しぶりからして様々なことを考えられていることが伝わりました。


ですので、それらの考え事を整理するセッションをさせていただきました。



一つ一つ丁寧に状況を整理し、6月以降の働き方の方向性とシュミレーションもできて、安心していただけたかと思います。



私のことを安心できる兄のような雰囲気とおっしゃっていただき、ありがとうございます!



私のニックネームもイッチーと呼ばれることもあり、ご感想をいただいて「同じニックネームやん」と思いました^^




イッチーさんの声からは、明るい・楽しい・元気というイメージがすごく伝わってきました。



根っからそう感じましたよ。



おっしゃっていただいたように私もあっという間に時間が過ぎた印象です。



セッションが終わってからも仲良くしてくださって、ありがとうございます。



東京と大阪は離れていますが、コロナ時代を乗り越えていけるようにお互い健康に気をつけてがんばってまいりましょう。



今後共、よろしくお願いいたします!

おわりに

オンライン 不安症
イッチーさんへのセッションは、状況分析に力を注ぎました。



収入減・資金繰り・新規受注・転職の可能性



フリーランスも自営業も、自分の力次第ということもあり、イッチーさんの話しをお聞きしながら、自分ならどうしようか?という視点でいくつか質問をさせていただきました。



正直、久しぶりに頭をフル回転したセッションでしたが、安心感を得ていただくことができて終わったあとは充実した気分になりました。



ご参考までに私のセッションは、「見立て」をしたうえで一つ一つ検証(質問)をするのが特長です。



見立てとは、今回でいうイッチーさんのご相談内容(ご依頼のきっかけ)をお聞きした瞬間に見立てをたてます。



ただ、あくまでも見立てのため、自分の見立てを疑いながらセッションをすすめています。



決めつけない(誘導しない)ところがポイントで、ここにセッションの醍醐味を感じます。




思い返せば、整備士時代も見立てをしたうえでトラブルを解決に導いていました。



具体的には、「段差を超えた時、左前方からキュッと音がする」というご用命でしたら、サスペンションまわりをチェックしてそこがOKなら、次はタイロットエンド付近をチェックして、そこがOKならクロスメンバークッションをチェックしてという流れ。



整体も見立てをしたうえで、施術をします。



具体的には、頭痛なら、首の緊張を検査して、頭蓋骨の縫合(関節の歪み)を左右比べて、脳脊髄液の滞りを検査するという流れ。



このように20歳から46歳の現在に至るまで、全ての職種で見立てをおこなっています。



見立て歴というのがあるとすれば26年目です(笑)



整体も勿論好きですが、セッションもすごく好きです♪



イッチーさんのご感想が、同じような方お悩みの方の参考になれば幸いです。



さいごまで読んでくださってありがとうございました。



さかい快福整体堂
院長  市川 猛



【全国対応可:オンラインサポート】

パニック障害(不安神経症)オンライン認知行動療法で不安を安心へ・恐怖を安全に変えていきませんか?
2020年の1月から現在にいたるまで、ここ最近は新型コロナウイルス( COVID-19 )のニュースでもちきりです。4月7には緊急事態宣言が発令され、国内・海外問わず不安や緊張感が高まっていますよね。今日のブログは当院が力を入れて...
タイトルとURLをコピーしました