有名人の自律神経失調症公表で思うこと

英語の新聞

昨日(23日)のヤフーニュースで、あるスポーツ選手が自律神経失調症であることを所属チームが公表しました。

こうしてメディアで自律神経失調症がとりあげられ、世間に知れ渡ることは、「自分も自律神経失調症かも?」と、考えていただくきっかけになる意味ではいいかも知れません。

ですが、個人的な意見として現在治療中の段階で公表することで、心配してくださるファンはいらっしゃると思いますが、それが逆にご本人にとってプレッシャーにならないか?心配です。

もちろん、激励のコメントを知ることで、気持ちが救われる有名人もいらっしゃるでしょう。

ですが、体調が辛い時は「そっとしておいて欲しい」が、本音だと個人的に思うのです。

現に数か月前に、パニック障害であることを公表し休養された有名人がカムバックされ、その後またパニック障害がひどくなり再び休養、その一連をヤフーニュースで知りました。

自律神経失調症を経験したからこそ思うこと。

ストレスの説明

私は、自律神経失調症もパニック障害も両方患った経験があるため、いくら有名人でも治療中の段階でニュースで取り上げられるのは、ご本人様の気持ちになって考えるとそっとしてあげて欲しいと思います。

後にご回復され、ご自身のタイミングでメディアに発表する。

その方がいいかなぁと思います。

なにはともあれ、ご本人様のペースで回復されることを心から願っています。

さかい快福整体堂  
市川 猛

タイトルとURLをコピーしました